HOME>注目記事>仕出し弁当は尼崎の料理屋で注文可能!中身も贅沢で美味しい

中身が豪華です

弁当

仕出し弁当は料理屋さんが注文を受けて作るお弁当を指します。尼崎にも多くの料理屋さんが提供しています。仕出しという言葉は古いので、最近では宅配弁当の方が認知されているかもしれません。弁当は日本にしかない習慣で起源は平安時代まで遡ります。江戸時代には幕の内弁当が誕生し、弁当は明治から昭和にかけて広く用いられます。庶民も弁当持参で旅行などに出かけて食べる習慣が普及しました。現在ではコンビニの弁当なども当たり前の風景となっています。仕出し弁当は法事や団体旅行などのシチュエーションで活躍します。弁当の中身は多めでかつある程度の豪華さがあります。ふたの上に御弁当や御料理と書かれた紙が特徴です。食べ後は食器を捨てずにお店が回収して繰り返し利用します。特に冠婚葬祭などの重要な場であれば高価な仕出し弁当も用意されます。栄養に配慮され、美味しい肉や魚などのおかずがふんだんに含まれています。有名料理店では腕の優れた職人が丹精込めて作ります。

イベントによって選ぶ

弁当

仕出し弁当は冠婚葬祭などのイベント、仕事の会議などで出されます。尼崎の料理屋さんでは、手頃な価格で買える物から高価な物まであるのでシーン別に選んでください。まず、社内での会議や出張のロケ弁当は1000円未満が相場です。会議が長時間になると食事の時間が確保できないかもしれません。あらかじめ前準備しておくといいでしょう。何らかの研修やセミナーは人数の規模も多くなります。1000円~1500円ほどの仕出し弁当がおすすめです。理由があって参加しているのでモチベーションを上げられるように少し豪華にしましょう。会社の重役と昼食会などを行うなら1500円~2000円くらいの価格帯です。目上の人との会議になるとおもてなしが重要となるので、健康面を配慮して豪華なものを用意しましょう。一生に中々ない特別な日にお客様を招くようなら2000円以上が好ましいです。もちろん相場を元にする必要は必ずしもではありません。

広告募集中